元自衛官インタビュー

自衛官から未経験転職でも採用を勝ち取る方法

元自衛官キャリアインタビュー Vol.3

プロフィール

藤田 浩明さん
現職:ヘルスケアベンチャー企業勤務
自衛隊在職時最終役職:陸上自衛隊1等陸尉

経歴

ーー今日はお忙しいところありがとうございます。まず、藤田さんの自己紹介ををお願いします。

藤田さん:この記事は、企業の方も見るということでしたので、少し細かくなりますが略歴をお話しします。僕は、元々新卒で民間企業で働いたのちに、陸上自衛隊幹部候補生学校に行きました。

幹部候補生とは、一般人を自衛官に仕立てるという面で、1年近くかけてみっちり「質実剛健」という要素を注入され「心と体」を幹部自衛官に改造される教育です。

そこから、後方支援部隊に配属されましたが、まず、2年~6年ほど、初級、中級幹部として中隊規模(50~100人くらい)のマネジメントを行います。

訓練するための計画や訓練など人・物の運用すること以外に、新入隊員を教育をする責任者をしたりしましたね。その間に2011年の東日本大震災が発生したため、災害派遣活動に従事しました。

また、7年~12年目になると、上級幹部として大隊規模(200~250人くらい)のマネジメントをしました。また、その間異動をして、職種学校の教官として2年半、職種のプロに対して教育・育成をしたりもしてました。学校の先生みたいなことですね。

その後、部隊に戻り部隊のマネジメントをしていましたが、勤務している時に起きたのが、2016年の熊本地震です。こちらの任務を最後に家族の都合もあり、どうしても続けることが難しく、民間企業に転職し、現在はヘルスケアのベンチャー企業で営業企画として勤務しています。

画像1
自衛隊時代の藤田さん

在職時の職務内容と思い出深かったこと

ーー自衛隊は、最終的に1尉(大尉)で退職されましたが、どのような仕事をされていたのでしょうか。

藤田さん:上級幹部として大隊規模の部隊マネジメントです。難解な言い方ですが、自衛隊用語だと、指揮官の作戦筆頭幕僚をしていました。具体的には、指揮官が状況判断する為に必要な情報の収集、作成、提供や行動するための方針のような意見の提案ですね。

この時には、とにかく論理的な思考・書式を叩き込まれ、文章を書く癖が嫌でもできてきましたので、今の仕事でも活きていると思います。

ーー論理的思考が求められるわけですね。自衛隊在職時で思い出深かった事は何ですか。

藤田さん:自衛隊って結構教育が充実しているんですよね。僕はその中でも、英語課程の参加が強烈でした、四六時中教育の時は英語を話さなくてはいけないし、日本語禁止!のような状況を3か月間みっちりやりました。お陰で米軍と話をする度胸がつきましたが、大変でしたね。

ただ、一番の思い出は、実務で稼働した東日本大震災と熊本地震です。2011年の東日本大震災では、僕たちの部隊は、宮城県南三陸町の人命救助部隊に対する支援任務、つまり現場に行って最前線で人命救助にあたっている部隊の後方支援を行うという任務が与えられ、数か月間、任務にあたりました。

まず、発災翌日に福岡県北九州市から宮城県南三陸町まで陸路で移動しています。20時間くらい移動したんじゃないかな?そして、任務で使う車両、資材の点検や壊れた資材の修理をさせる業務、整備員や物の調達のマネジメントを行いました。

不具合が結構多く、そうした実情を見て、常日頃からメンテナンスすることの重要性、予防の大切さを痛感しました。支援業務が充実しないといざ使おうとした際に使用できないということになるため、前線で任務遂行する部隊の為、しゃかりきりに仕事をしていました。

辛いのは、災害派遣されてから約3週間風呂に入れず、異臭と共存したり、4種類程度の缶詰をローテーションで食べてました。被災者の方に気を遣って車の荷台で細々と。寒い、臭い、眠いはでそれはもう大変でしたが、幹部自衛官としてしゃにむに任務にあたっていましたし、この辺りは自衛官は強いと思います。

もう一つは、2016年の熊本地震でした。僕は当時熊本の駐屯地にいたので、モロに揺れました。

当時は業務中、室内に部下が3名、向かって右手左手に座っていたのですが、揺れが起きた当初、本当に皆のおしりが飛びました。コピー機もグワングワン揺れで大移動、突然の事で揺れが収まるまで、本当に非常に長い時間に感じました。

電気系統がシャットダウンし、停電の中、直ぐに状況を把握するための情報所、次いでいつでも隊員を指揮できるよう指揮所を立ち上げ、関係各所に連絡・調整、指示を出してというように指揮官が来た時に速やかに状況判断できる、部隊が行動に移せる態勢をいる隊員と準備をしてましたね。

これが初めの揺れの後に起きた出来事で、その間、給水支援で直の部下を派遣しました。

そこで本震に見舞われて、派遣していた隊員からパニックの電話で、「どうしたらいいですか」「あっちこっちで家屋が倒壊して下敷きになっている人がいるそうです。行ってもいいですか」「どこどこの橋が崩落した」と様々な情報が飛び交うとんでもない状況の中、当時は熊本が勤務場所ということもあり、非常に緊迫した状況下での任務遂行でしたので、日ごろの訓練や考え方の成果が問われる実戦を経験しました。

ただ、結局被災したかどうかもわからない家族とは1か月以上会えず、家族には非常に苦労を掛けてしまいましたし、僕自身も心配ではありましたが、住民の方々への給水、入浴、各種生活に直結する支援を優先しなくてはならないという使命感であの時は動き続けてましたね。「止まない雨はない」と言いながら。

再就職に関して

ーー本当にお疲れ様でした。その後、自衛隊をご家庭の事情で退職されたということですが、37歳を過ぎてからの転職となると大変じゃなかったですか?

藤田さん:めちゃくちゃ大変でした。まず、大手エージェントに登録しましたが、自衛隊経験は社会人としてカウントされないため、社会人経験1年目からのスタートになりますねなんて言われましたね、、、いやいや僕37歳ですよと。

ここから新卒と同じ扱いで、紹介案件もなおざりにされていた時は、就職先がないのかと絶望でした。書類で落ちることもかなり多かったです。ですから、僕はエージェントに依頼せず、直接求人を探して、直談判でアポイントを取るようにして面接に漕ぎつけていきました。そうでもしないと企業に会うことすらできなかったんです。

ただ、会えた際にはしっかり自分の思いや強みを伝えられるように一つひとつの面談に周到に準備をして臨んでいました。

ーー企業も自衛官がどのように活躍できるのかイメージつかないですし、エージェントさんも対応経験が無いと自衛隊ってどんな仕事しているのかも分からないですから仕方ないのかもしれませんね。また、職務経歴書を書くにあたり、注意した点はありますか?また、同じく面接で注意した点がありましたら教えてください。

藤田さん:先ほどのように面接に行く前に書類で落ちてしまうこともあったため、面接に行けた時はかなり事前準備しました。

必ず聞かれるような質問や会社の情報はHP等で集められるだけ集めて、会社の方針や商品、サービスを今後どこに力を入れていきたいのかを事前にチェックした上で、想定問答を考えて、シュミレーションをしてました。提案書を準備した会社もあります。

面接時に提案書持っていくと、内容説明してよと言われるので、面接への意気込みをしっかりアピールできたように思います。職務経歴書はオリジナルの書式を作成、自己PRも書式化してどんな人間なのか少しでも伝わるよう試行錯誤しました。

特に面接で必ず聞かれる「自己PR」「志望動機」は紙に書いて面接先の会社に合わせた内容にし事前準備していました。

ーー提案書とはすごいですね。内容はどのような感じで作成されたのですか?

藤田さん:そうですね、2つのことに留意して記載していました。

なぜ提案するのかの趣旨

企業側の経営理念や目指しているところ、特性(取り巻く環境、問題認識)などを明確にしてそれを解決するために「自分がしたいこと」の見える化

提案書の主な目的は、内容はもちろんですが、書面にすると残るため、先方に僕の思いを記録してもらいやすいということや、思考面やパソコンスキルなど表現力を伝えるため、他者との差別化にもなると思い作成していました。

内容が必ずしもあっていなくても他の人がやっていないことは他者と差別化できますよね。

試行錯誤した後の自分なりの工夫でしたが。そこまでやった結果、採用にも繋がったと思ってます。

ただ、中にはそうしたイレギュラーな事はダメという企業もありましたので、その時は出さなかったですけどね。

ーー最終的にヘルスケアベンチャー企業を選ばれた訳ですが、なぜその会社にされたんですか?

藤田さん:健康について考えるきっかけがあった為です。僕は、自衛隊として国や国民を守るために勤務していましたが、誰かを守るということにやりがいを感じて働いていました。それは医療も同じ領域だと転職の時に考えました。

医療のしっかりとした知識はありませんでしたが、色々と調べて行くうちに治療法がはっきりしない疾患や困っている患者が沢山いる分野で、同様に成長もしている分野でもありました。

僕は成長している産業に身を置く事で自分自身の成長にも繋がると考えて、今は医療機関が患者さんを治療する時の助けになるサービスやプロダクトを提供しています。会社も成長していますし、医師や看護師さんからも感謝されるので、非常に楽しく仕事していますね。

ーー藤田さんのことは自衛隊当時から知っていますが、性格的にも営業成績も良さそうですよね。自衛隊では、現場、災害派遣等の一線で活躍されてましたが、自衛隊をやめる事にためらいは無かったですか?

藤田さん:今は無いですが、自衛官は在職中に転職活動が禁止されているため、結果、活動は辞めてからでないとできません。

ですので、退職当時はエージェントからも厳しい対応され、書類も中々通過しなくて家族を養う身としてはかなりストレスがある状態でした。なので、その時は辞めて正解だったのかは自問自答した時期もありますね。ただ、家族のこともあったので、踏ん張って幸せを掴もうと一心で転職活動してました

なので、活動はしないにしても在職中から民間企業へ転職する人は何らか準備はしておく方が良いのでしょう。

自己分析や何をやりたいのか、やりたい事のできる企業のリストアップと企業研究はした方が良いと思いますし、できれば自衛官OBの人たちと繋がりを作ると民間企業目線で色々と指導して貰えるんじゃないでしょうか。

自衛隊で培った民間企業で活かせる素質・能力

ーー自衛官OBとのネットワーク大事ですね。藤田さんが考える、自衛隊で培った経験で民間企業でも活用できる能力、素質・素養は何でしょう。

藤田さん:論理的思考能力と実行力ではないでしょうか。僕は幹部自衛官でしたので、部隊を動かすための計画や運用を行う立場でした。

例えば、自衛官は、

IDAサイクル(Information(情報資料→情報)⇒Decision(決心)⇒Action(行動)⇒Information(情報資料→情報))という思考プロセス

を叩き込まれますが、これは、民間企業でいうPDCAサイクルに近い考え方です。やったらやりっぱなしではなく、しっかり振り返りをする癖を付けています。

また、秘密保全、情報保証、文書管理の重要性は全隊員に対して、強く指導されますので、Twitterでよくあるような情報流出はありません。これは幹部でなくても全自衛官意識していると思います。

更に幹部自衛官で言えば、

METT-T(あらゆる状況下で付与された任務を分析する際に用いる材料)思考

というのもあります。

Mission(任務)、Enemy(敵情)、Terrain(地形・気象)、Troop(味方部隊)、Time(利用可能な時間)

という要素に分解して、状況を整理した上で決断の為にまとめますので、そうした状況を把握するための切り口、考え方を持っています。

ーー今のお仕事でそれらを意識していることはありますか?

藤田さん:何をするにしてもまず情報収集して、状況を把握することを大切にしています。

あるべき姿に対して、現状があり、そのギャップは何なのかということを自分に常に問うようにしています。人は思考の癖があるので、すぐ飛躍してしまうので、自分は今どこにいて、どこに進もうとしているのかを常に考えて行動することは、ブレずに最短で目標達成できる肝じゃないかと思います。

ーーあるべき姿とのギャップは大切ですね。最後ですが、藤田さんは自衛隊も民間企業もご経験されていますが、改めて自衛隊と民間企業で働く違いは何でしょうか。

藤田さん:「給料がどこからきているか」の違いだけではないでしょうか。
「公」なのか「私」なのかの違いであって、「だれかのために」という点では違いはないと思っています。だからこそ常日頃意識しているのは「信頼残高の蓄積です。」

目の前の数字など利益やその場限りのやっつけで仕事することは、「公」であっても「私」であってもすぐに破綻してしまうものだと思っています。

なので、僕は、「ありがとう」と言っていただくことにフォーカスして日々を過ごしています。利益を追及することを目標に置く企業は多いですし、利益が無いと継続できないので当たり前ですが、利益は目標ではなく、結果だと思いますね。

目標はありがとうの積み重ねだと思いながら活動して、結果お金が着いてくると思っています。

再就職、転職をする自衛官に向けてのアドバイス

ーー僕も前の会社の先輩からお金はありがとう券と思えと指導されてましたが、同じ考えですね。それでは、最後にこれから民間企業に就職する自衛官の方々や自衛官OBの方々へのメッセージをお願いします。

藤田さん:さきほどと重複しますが、「誰かのために」「国民のために」を身につけてこられた皆さんのスキルは、民間企業に対し、なかなか伝わりにくいという現状があるかもしれませんが、必ず通用するものだと思っています。

経験がないことには謙虚に、自分の強みはさらに磨いていけばきっと、業界は変われども変わらない強みとして戦えると信じています。

僕も元自衛官だからこそできることを一生懸命磨いて日々まい進しております。くじけそうなときはお声がけ下さい。記事を読んでいただいたのも何かの縁!お互い頑張りましょう!

ありがとうございました。藤田さんへメンターとしてコミュニティで直接話を伺えますので、ご希望の方は下記よりお申し込みください。

相談希望