プログラミングスクール

開設背景

Veterans Channelでは、自衛官のセカンドキャリア支援を行っております。昨今のインターネット、IT産業の発展やIT人材の不足が叫ばれいる中で、エンジニアとして就職を考えている退職予定自衛官からの相談を受けることも増えてきました。

そうした要望に、在職中からエンジニアの仕事理解ができることを目的として、元自衛官で現職エンジニアの岡田氏を講師として、コーディングスクールの開設に至りました。

スクールの特徴
  1. 3ヶ月という学びやすい環境設定
    比較的長期に設定しているため、未経験者からでも付いていけます。3ヶ月間のコースでフロントエンドからサーバーサイドまで体験することができます。その間、現役エンジニアがメンターとして付き、SlackやZoomにてフォローします。

    「ブリーフィングルーム」という名称の通り、「15分」調べて分からなければ、講師、メンターに直接質問することを推奨しています。そのように円滑なコミュニケーションを取れる体制を作っていますので、分からなくてそのままという心配もありません。
  2. サイト作成までを一貫して体験できる
    フロントエンドはもちろん、サーバーサイド含めたサイトを最終的に作成します。そのため、インターネットがどのような仕組みになっているのか網羅的に理解することができます。

    また、Slack, Clonfluence, JiraといったIT業界で活用しているツールを使った進捗管理、コミュニケーションを行いますので、未経験の方は新たなツールの活用や気づきが得られます。
  3. 返金保証
    もちろん満足いただける様なスクールの構成にしておりますが、仮に入学後、満足いただけない、予想と違った場合は、2週間に限り返金の対象とさせていただきます。
  4. どこでも受講可能
    オンラインでの受講となるため、全国どこからでもインターネットが繋がった環境であれば受講することができます。
こんな方々へオススメしています

講義の内容は、3ヶ月でPython,MySQLといったサーバーサイドからHTML,CSSのフロントエンドまでのインターネット全体像を体系的に学び、最終的にサイト作成までを体験できます。今後ますます求められるITへの理解、知識、経験を未経験からでも体験することにより、今後のキャリアアップの後押しになります。

また、対象生徒は必ずしも退職予定自衛官だけではなく、未経験からインターネットの構造を理解したい方々も活用いただけます。

特にIT業界未経験であるものの、マネジメントされている方へお勧めしています。

スクールの構成に「人を動かすという要素」もアレンジしていますので、コーディング未経験のマネジメント経験者が昨今のDX時代を見据え、インターネットの基礎知識や開発のマネジメントを体験することにより新たなマネジメント方法を得たい、IT業界でなくとも一定のツール使用経験、専門のコミュニケーション、DX(デジタルトランスフォーメーション)知識を得て現在の仕事へ生かしたい方へもお勧めしています。

無料相談も受け付けていますので、お気軽にご相談ください

詳しくはこちらから